ビハキュアがシミ対策へ本当におすすめなのか徹底検証してみた

ビハキュアがシミ対策へ本当におすすめなのか徹底検証してみた ビハキュア基礎知識

ビハキュアはシミ対策として本当におすすめ?という疑問を解消するために徹底的に検証をしてみました。

ビハキュアに限らずコスメというのは決して口コミだけで判断できません。なぜなら口コミ評判というのは客観的な視点ではなく主観になるため。

いくら口コミを見ても納得できない‥と感じる原因はそのためです。

ビハキュアの購入を迷っている‥。

というかたはこの記事で、きっと答えが見つかると思います。

シミ対策におすすめ?ジャンルを検証

シミ対策におすすめ?ジャンルを検証

まずビハキュアのジャンルについて検証をしてみました。ジャンルというのはコスメとしての「立ち位置」になります。

ビハキュアのジャンルは「医薬部外品」になります。

この「医薬部外品」についての定義は以下の通り。

医薬部外品(いやくぶがいひん、quasi drug)とは、日本の医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律に定められた、医薬品と化粧品の中間的な分類で、人体に対する作用の緩やかなもので機械器具でないものである。

出典:Wikipedia医薬部外品

つまりコスメは「化粧品・医薬部外品・医薬品」のいずれかから成る商品で、効果・効能はこのような序列があります。

化粧品 ➝ 医薬部外品 ➝ 医薬品

もっとも効果・効能を期待できないのが化粧品ジャンルで、ついで医薬部外品、もっとも期待できるのが医薬品ジャンルです。

また医薬品ジャンルは医師の許可なく手に入れることはできないので、市販されているコスメの中でもっとも高い効果・効能を期待できるジャンルは「医薬部外品」。

医薬部外品は化粧品と比較をして、

より厚生労働省により効果・効能が認められた商品ということ。

したがってビハキュアの医薬部外品というジャンルは、化粧品として販売されている美白クリームよりも高い効果・効能を期待できる商品という結果になります。

ただし病院で処方される美白関係の医薬品がもつ効果・効能には敵わないため、皮膚科などで出される薬のほうがビハキュアよりも高い効果・効能が期待できます。

シミ対策におすすめ?成分を検証

シミ対策におすすめ?成分を検証

ビハキュアは2大成分が謳われている美白コスメで、ハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸が有効成分として使用されています。

各成分に期待できる効果は次の通りです。

ハイドロキノン誘導体のシミ対策効果

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれる強力な美白成分で、その効果は他の美白成分の10~100倍と言われるほど。ハイドロキノンに期待できる具体的な効果には、次のようなものがありますよ。
ハイドロキノンの美白効果
①新しいシミができるのを予防する
②すでにできているシミを薄くする

出典:カスタムライフ

トラネキサム酸のシミ対策効果

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、抗炎症・抗アレルギー効果や止血効果を持ちます。トラネキサム酸はメラノサイトの活性化を促すプロスミンの働きをブロックする効果があります。

出典:前田メディカルクリニック

しかしハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸の効果を知ったところで、美白コスメ成分全体の中においてのシミ対策の効果レベル順位を確かめる必要があります。

まずは、もっとも美白効果を期待できる成分について調べてみました。

化粧品に配合される美白成分は数多く存在しますが、その中でも肌への効果をしっかり感じられるのは「美白有効成分」です。美白有効成分とは、「メラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ効果」が厚生労働省から認められた成分のことを指します。

覚えておきたい効果的な美白有効成分5選
①ビタミンC誘導体
②アルブチン
③トラネキサム酸
④カモミラET
⑤コウジ酸

出典:カスタムライフ

ちなみに「アルブチン=ハイドロキノン誘導体」です。

このような成分の中で、ビハキュアはシミ対策コスメとしてどの位置に立っているのか?

もっとも美白に効果的とされるビタミンC誘導体は使われていませんが、2、3番目にシミ対策へ効果的とされるハイドロキノン誘導体・トラネキサム酸が使用されているのがビハキュアです。

つまり「ビタミンC誘導体までの効果は期待できないけど5大成分中2つが使用されている」ことによって、ビタミンC誘導体に匹敵するまたはそれ以上のシミ対策効果をビハキュアには期待できるといえます。

ちなみに私が調べたところでは、ビタミンC誘導体は単体で使用されるのが一般的。ハイドロキノン誘導体、トラネキサム酸と併用されるコスメは見かけませんでした。

つまりビハキュアに期待できる美白効果はとても高く、もっとも美白に効果的とされるビタミンC誘導体単体の商品に匹敵するか、または2つの成分が使用されていることでより高い美白効果を期待できるという結果になりました。

ビタミンC誘導体とハイドロキノン誘導体&トラネキサム酸の正確な美白効果の比較はできないので、あくまでも同等レベルかそれ以上のシミ対策効果を期待できる可能性が高いコスメということになります。

シミ対策におすすめ?運営会社を検証

シミ対策におすすめ?運営会社を検証

ビハキュアの運営会社は「株式会社ヘルスアップ」です。この会社からビハキュアの美白効果を検証していきます。

この株式会社ヘルスアップで運営されている商品は次の通りです(2020年8月現在)。

  • 肥後生まれのすらっとすっぽん(代謝)
  • 和麹づくしの雑穀生酵素(バランス)
  • BISERA(体内フローラ)
  • INIO(口臭予防)
  • Moomo、SLICK MAN(除毛)
  • まるっと超熟生酵素(腸活)
  • HMBアルティメイト(代謝)
  • クレアチンアルティメイト(有機酸)
  • Rakuberry(ダイエット)
  • 薬用DE NIRO(ニキビ対策)
  • ドリーミンアイリッチ(二重美容)
  • ハリハリミチル(しわ対策)

この中で「美白・シミ」に言及している商品は見当たらず、シミ対策のできる美白コスメはビハキュアのみになります。

したがって美白専門の会社ではないため専門性を感じることはありませんが、ビハキュアは医薬部外品ということで厚生労働省の認可取得をしていることからそれなりに高い評価になるといえます。

Moomo、SLICK MAN(除毛)なども医薬部外品ということから、確かな効果・効能を期待できる品質をもつ商品作りをしていることがわかります。

複数の医薬部外品を製造販売している会社ということで、ビハキュアにも確かなシミ対策を期待できるのではないかと予測できます。

検証結果まとめ

このような検証結果から、ビハキュアは「ジャンル・成分・運営会社」において高いシミ対策効果を期待できる美白コスメといえます。

また私が実際にビハキュアを使用している経験から考えてみても、使用前と現在(使用して半年以上経過)では自分なりにシミ対策効果を実感できていることからも効果的といえます。

したがってビハキュアの購入を考えていれば、購入を進めても良いと私は感じます。

ビハキュアの口コミとして、ぜひ参考になさってみてください。

私が使ってみたビハキュアの効果

ビハキュア口コミレビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました