ビハキュア|美白化粧品の保湿力について選び方や効果などを徹底分析!

美白化粧品の保湿力について選び方や効果などを徹底分析! ビハキュアの基礎知識
MISATO
MISATO

美白化粧品は少しでも保湿力の高い商品を選ぶことで、

より効果的なケアが期待できます。

そこで具体的に保湿力の高い美白化粧品の選び方やポイントなどについて、実際にビハキュアなど美白ケア商品を使ってきた経験から詳しくお伝えします。

  • 保湿力の高い美白化粧品の選び方(探し方)
  • 保湿力の高い美白化粧品の成分と効果

等の理解に役立つ内容かと思います。

保湿力のある美白化粧品の選び方

保湿力のある美白化粧品の選び方

保湿力のある美白化粧品を選ぶポイントは、

  • 厚生労働省の認可を受けた美白成分が入っているもの
  • 保湿力の高い保湿成分が含まれているもの

を選ぶようにするとまず間違いありません。

MISATO
MISATO

美白有効成分の代表的なものはアルブチンビタミンC誘導体プラセンタエキス4MSKなどの成分になります。

アルブチン (arbutin)

コケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体である。シキミ酸経路から合成され、加水分解によりヒドロベンゾキノンとなる。メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、化粧品などに使用されている。β型とα型がある。また、利尿作用と尿路殺菌作用があり、尿路消毒薬とされる。

出典:Wikipedia「アルブチン

ビタミンC誘導体

ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、活性酸素の除去やニキビの色素沈着の防止・メラニン色素抑制など様々な効果が期待されます。そのため美肌や美白の為には欠かせない”美肌ビタミン“と呼ばれる成分ですが、安定性が低くて空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失い、またビタミンC自体が肌への吸収がされにくいという性質を持っています。

出典:医療法人瀬戸内科医院ブログ「ビタミンC誘導体とは?

プラセンタ

プラセンタとは胎盤のことです。人間を除く全てのほ乳動物は出産すると本能的に自分の胎盤を 食べてしまいます。胎盤には自然治癒力を回復させる効果があり、出産により低下した体力を速やかに回復させると言われています。このような自然界の事実から、胎盤には不思議な力が宿ると考えられ、古くから医薬品として応用されてきました。

出典:スノーデン株式会社「プラセンタとは

4MSK【よんえむえすけい】

サリチル酸の誘導体で、4-メトキシサリチル酸カリウム塩の略称。 酵素チロシナーゼの活性を抑え、メラニン生成を抑制するだけはなく、シミ部位で生じている慢性的な角化プロセスの乱れ(慢性角化エラー)に作用して、溜まったメラニンを排出する効果を持つ。

出典:資生堂「4MSK(よんえむえすけい)

併せてセラミドヒアルロン酸など、保湿力の高い成分も含まれているか検討してみることも重要なポイントになります。

セラミド

健やかな肌の「角層」の中では、何層もの角層細胞が重なっています。そして、角層細胞どうしのすき間を満たし、細胞どうしや水分をつなぎとめているのが、肌の必須成分「セラミド」です。「セラミド」は、肌の奥から生まれてきます。

出典:花王「セラミドとは

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はグルコサミンとグルクロン酸という2種類の糖が組になり、1万組以上つながった物質です。高い保水力と粘性があり、細胞同士をつなぐ潤滑油やクッションのような役割を果たしています。人の体では皮膚、軟骨、関節液、眼の硝子体
などに多く存在し、およそ半分は皮膚にあります。

出典:全日本民医連「くすりの話

美白と保湿はとても密接な関係性があります。

保湿をしっかりした上で美白を行うことで肌のキメが整うだけではなくて、肌が潤っていることで紫外線の影響すら受けにくくなるもの。肌をこの状況に置くことによってシミやそばかす予防が期待できる、というわけです。

MISATO
MISATO

私が最終的にビハキュアを選んだ理由も

このようなポイントが揃っていたから。 

美白化粧品 保湿力

また、美白有効成分が含有されている化粧水は刺激が強いものも。

肌を守るという意味でも保湿力には気をつけたいものです。

美白化粧品を試してみたけど、

  • 乾燥が気になる
  • 乾燥肌に合う美白化粧品を知りたい
  • シミも乾燥肌も両方どうにかしたい

などと悩みをもつ女性の方は多いのではないでしょうか。

美白と肌の潤いは、女性にとってはとても大切な問題なんです。

MISATO
MISATO

でも化粧水をつけているのに、

なぜ肌は乾燥してしまうのでしょうか?

美白化粧品 保湿力

肌の乾燥

私たちの肌は表皮で覆われていますが、乾燥と密接な関係にあるのが、表皮の一番外側にある角質層です。角質層には「バリア機能」という役目があり、バリア機能が正常に働いていると、肌の水分を保ち蒸散を防ぐとともに、アレルゲンなどの侵入や外部刺激から肌を守ります。

出典:第一三共ヘルスケア「乾燥肌の症状・原因

それは「化粧水の使い方や美白化粧品の選び方」に問題があるのかもしれません。

美白化粧品は今やとても多くの種類がありますが、間違った使い方をしていてはその成分の効果をきちんと得ることができません。

失敗しない選び方と同時に”正しい使い方”もマスターしましょう。

高い保湿力が期待できる美白ケア商品ビハキュアは医薬部外品で、簡単にサクッと美白お手入れができるのでおすすめですよ。

美白化粧品でヒリヒリする7つの原因と効果的な対策

美白化粧品で保湿力の高い成分とは?

美白化粧品で保湿力の高い成分とは?

一般的に保湿力がある成分は、以下の通りです。

  • BG
    保水性が高くて、グリセリンよりべたつきが少ない。スキンケア商品や化粧品に多く取り入れられている多価アルコールの1つである。
  • グリセリン
    多価アルコールの1つで、その中でも吸湿性に優れている保湿剤。
    ヒアルロン酸Na…皮膚の真皮といわれる部分に多く存在する。グリセリンと併せて配合すると、高い保湿力を得ることができる。
  • コラーゲン
    体内に存在している。繊維状のたんぱく質で皮膚からは吸収されず、低分子コラーゲンのように小さくしたら浸透する成分である。
  • トレハロース
    保水性の高い糖でできた成分の1つで水分を保持する能力が高く、保湿剤として多くの化粧品に使われる。

この他にもメーカーが開発した”独自の保湿成分”を配合している美白商品もあります。

MISATO
MISATO

私が選んだビハキュアは代表的な成分が使われて効果もバツグンでした。もっとキレイになれる!?美白化粧品に期待できる効果とは

また保湿力が高いに美白化粧品でも、シミ、くすみを予防する美白ケアを目的とするものには「刺激」になる美容成分が多く含まれており、逆に肌が荒れてしまう人も多いものです。

こちらの成分(添加物)表記に気をつけましょう。

  • パラベン(メチルパラベン/プロピルパラベン)
  • 合成界面活性剤
  • エタノール
  • ベンジンエタノール
  • 香料
  • 合成ポリマー

そして美白効果の強いハイドロキノンも、敏感肌の方は取り扱いに非常に注意が必要です。

一度パッチテストを行うことを是非おすすめしたいです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素 の合成を阻止する働きがあり、その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

出典:ロート製薬株式会社「ハイドロキノン

美白化粧品 保湿力

肌がくすんだように見えてしまう原因の1つに、先ほどもお伝えした”乾燥”があります。

美白化粧品は保湿力に欠けるものも実際は多いので「保湿効果の高い成分」が一緒に配合されているものを選ぶのがおすすめです。

保湿力が感じられる成分はどんなものがあるのか、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

知っておきたい美白化粧品のキレイがめざせる成分とは?

美白化粧品の保湿力がもたらす効果って?

美白化粧品の保湿力がもたらす効果って?

MISATO
MISATO

美白化粧品の保湿力はこのような効果を

もたらしてくれます。

  • 肌の土台になるキメなどが整いやすい
  • シミ・そばかす・くすみがない綺麗な白い肌が期待できる

肌にとって保湿がいかに大切か、ということが分かりますよね。

また、肌には角質細胞間脂質が積み重なっており、そのすき間を繋ぐように角質細胞間脂質がぴったり埋めつくされて水分の蒸発を防いでくれています。

細胞間脂質とは‥

角層をレンガ塀に例えるならば、角層細胞はレンガに、細胞間脂質はレンガ同士の間を埋めるセメントに例えることができます。 細胞間脂質は、角層細胞の間で、「セラミド」などからなる脂質の層と水分子の層が、交互に規則正しく何層も重なりあう「ラメラ構造」という層状構造を形成し、角層の働きを支えています。

出典:花王株式会社 スキンケアナビ

その角質細胞間脂質は蒸発を防ぐだけではなく、それ自体に水分を抱え込む力があるという最強の保湿成分。肌の水分保持力が高まると美白効果だけではなく、外的刺激物を侵入させないなどという効果も期待できるため肌荒れもしづらくなります。

したがってなるべく「無添加」の美白ケア商品を選ぶことによって、より肌に良くない防腐剤などによる角質細胞間脂質の劣化を防いで効果的な美白ケアが期待できます。

美白化粧品 保湿力

おすすめなのは‥

効果的な美白ケアができる「添加物フリー」の商品

MISATO
MISATO

ただし美白化粧品の保湿力による効果は、美白化粧品の成分の効果を

最大限に引き出すような使い方をしているかどうかにもよります。

美白ケアには365日の徹底した継続使用が基本で、1年間は最低でも使い続けることがより高い美白効果を引き出す秘訣といわれています。

美白化粧品 保湿力

使ったらすぐにでも顔色が明るくなるということありますが、それは一時的なもの。

美白化粧品を1本使用したところで肌トラブルがなければ使い続けるようにし、化粧品にある保湿力の効果を肌に保つようにしていくことが大切です。

私が使っているのがこちら♪

添加物フリー&医薬部外品の美白成分で安心です。

ビハキュアの口コミ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました