ビハキュア|美白化粧品で肌荒れを起こす3つの原因と正しい選び方

美白化粧品で肌荒れを起こす3つの原因と正しい選び方 ビハキュアの基礎知識

美白化粧品肌荒れを起こす原因について詳しくお伝えします。

キレイになろう!と思って高価な美白化粧品を購入しても”肌荒れ”を起こすようでは本末転倒ですよね。いったい何をしているのだか‥と、空しくなった経験があると思います。

そこで、こんな悩みをお持ちの方へ詳しい情報をお伝えします。

  • 美白化粧品で肌荒れを起こす原因は‥?
  • 肌荒れをしない美白化粧品の選び方は‥?

私も美白化粧品で肌荒れを起こしていたタイプです。

MISATO
MISATO

今では徹底的に調べてビハキュアを使っていますが、それまでのような肌荒れを経験することなく若いころに戻ったような美白体験ができています。

そんな経験が少しでも参考になればと思います。

美白化粧品で肌荒れを起こす3つの原因

美白化粧品で肌荒れを起こす3つの原因

MISATO
MISATO

まず、美白化粧品で肌荒れを起こす3つの原因についてお伝えします。原因がわかれば解決策が見えてきますので詳しくチェックされてみてください。

原因①防腐剤など”添加物”がたっぷり配合されている‥

美白化粧品で肌荒れを起こす原因1つ目が「添加物」です。

高額な高級化粧品は肌荒れを起こさないのでは‥?

美白化粧品 肌荒れ

もしそう思っていれば大間違いで、美白化粧品は金額の大小にかかわらず「添加物」をチェックすることがとても重要なポイントになります。

化粧品に防腐剤は必要? おもな目的は?

化粧品は、水や油を含むため雑菌やカビが繁殖しやすい。開封後も常温で保存するものが多く、それも雑菌が繁殖する原因のひとつだ。雑菌やカビが繁殖した化粧品を使えば、当然肌トラブルを起こしてしまう。そこで添加されるのが防腐剤だ。

出典:Colorda(カラーダ)「化粧品添加物「防腐剤」の危険性・安全性とは?」

つまり美白化粧品には腐敗を防ぐために人体に影響を及ぼさない程度の防腐剤(添加物)が含まれており、雑菌の増殖による肌荒れを起こさない工夫をされているのが一般的です。

MISATO
MISATO

美白化粧品に限らずコスメ商品というのは、使用しても確実に

”安全性”が保たれるよう製造されているというわけです。

しかしここで重要なのは‥

その「防腐剤(添加物)」によって肌荒れを起こす可能性もある

ということ。

とくに肌が弱い敏感な方などは、防腐剤(添加物)によって肌荒れを起こす可能性が大きいもの。

そこでチェックしたいのが「無添加の美白化粧品」です。

無添加の美白化粧品には私が使ってるビハキュアなどが代表的ですが、防腐剤に限らず香料などの添加物を排除しても保存可能な製造方法によって商品化されています。

なぜこのような「無添加の美白化粧品」が製造されているのか?

ということを考えると、美白化粧品に含まれる添加物の作用が見えてくると思います。

原因②化学的に合成された原料が多く使われている‥

美白化粧品で肌荒れを起こす原因2つ目が「化学合成の原料」です。

化学的に合成された原料にはこのようなものがあります。

界面活性剤

化粧クリームは水・油分(美容成分)・乳化剤を主成分とするエマルションである。乳化剤はこれらの成分を均一に混合し、適度な流動性を与える。また、化粧クリームのはじめ固体で塗るときに滑らかに広がる作用は、分散状態で固体化しているものに圧力をかける(塗る)と、分散状態における粒子間の相互作用が断ち切られるため、流動性を帯びることによる。ふたたび粒子が凝集して固体化するには時間がかかるので、すぐには固まらない。さらに、皮膚への刺激性が低いこと、毒性がないこと、色や匂いがなく化学変化しにくいなどの特性を求められるため、それらを満たす界面活性剤として、非イオン性のアルキルポリオキシエチレンエーテルや脂肪酸グリセロールエステルなどが用いられる。

出典:Wikipedia「界面活性剤」

保湿成分

「保湿」を目的に用いられる成分を、「保湿剤」または「モイスチャライザー」と呼びます。皮膚に水分を与え乾燥から守る吸湿性の高い水溶性の成分を、「ヒューメクタント」と呼ぶ場合もあり、「グリセリン」、「乳酸」、「ピロリドンカルポン酸ナトリウム」、「尿素」などがあげられます。

出典:日本化粧品工業連合会「保湿成分」

美白化粧品の保湿力について

油性成分

油性成分は、皮膚に対する保水・柔軟・保護のためにオイル単体、乳液、クリーム、または固形物などに配合される成分で、ファンデーションや口紅などのメイクアップ化粧品においては、色素成分を均一に分散させたり、化粧ノリを向上させる目的で配合され、またメイクアップ化粧品を落とすクレンジングとしても使用されます。

出典:化粧品成分オンライン「油性成分について」

高分子物質

高分子物質(高分子化合物、ポリマー)とは、分子量の大きい物質の総称で、その範囲は非常に広い。化粧品に関連する高分子物質としては、水溶性高分子、生体高分子、皮膜性高分子、粉体高分子に分類することが出来ます。また無機物の粉体も無機高分子として、この範疇に入ります。

出典:独立行政法人製品評価技術基盤機構「高分子物質」

なるべく天然植物由来がおすすめ

MISATO
MISATO

このように美白化粧品の原料には即効性が期待できる”科学的に合成された原料”が使われることが多いものですが、この化学成分も自然界に存在しない原料のため肌荒れの原因となる可能性が考えられます。

しかし全ての化学合成原料がよくないわけではなく、厚生労働省認可の成分であれば限りなく安全で肌荒れの危険性も低下するといわれています。しかも即効性が期待できるため女性にとっては嬉しい原料。

化粧品の合成化学物質って危ないの ?

したがって美白化粧品で肌荒れを起こす方は、この科学的に合成された原料が厚生労働省認可のものか?ということをチェックされてみることも重要なポイントになります。

さらになるべく「天然植物由来」の原料であれば、より肌荒れの可能性を低下させることが期待できます。

私が使っているビハキュアは無添加、天然植物由来の原料たっぷりなのでおすすめかなと思います。

原因③ほかに使っている化粧品をチェックする

美白化粧品で肌荒れを起こす原因3つ目が「併用している化粧品」です。

MISATO
MISATO

いくら無添加で天然植物由来原料がたっぷりの美白化粧品を使っていても、他に使っている化粧品(化粧水・乳液など)に含まれる成分が肌荒れに直結するものであれば意味がありません。

そこでチェックしてみて欲しいのが「併用している化粧品の原料」です。

チェック方法はここまでにお伝えしてきた美白化粧品におすすめの原料と同じで、防腐剤などの添加物不使用・厚生労働省認可の化学合成成分・天然植物由来の原料によって構成されているか?です。

美白化粧品 肌荒れ

ビハキュアは他の化粧品を使わなくても1つで全てをカバーできるので安心ですが、もし今使っている美白化粧品だけでは足りずほかにも化粧品を使っているということであれば注意が必要です。

併用している化粧品の原料をチェックして見直すか、または原料が最適でさらに全てをカバーしてくれるビハキュアのようなオールインワンタイプの美白ケア商品を選ぶことが大切です。

美白化粧品でヒリヒリする7つの原因

肌荒れを起こさない美白化粧品の正しい選び方

肌荒れを起こさない美白化粧品の正しい選び方

肌荒れを起こさない「美白化粧品の正しい選び方」は以下の通りです。

  • 添加物(防腐剤や香料)が使用されていない。
  • 厚生労働省認可の化学合成原料が使われている。
  • 天然植物由来の原料が使われている。
MISATO
MISATO

この3つのポイントをしっかり抑えることによって、肌荒れの可能性が限りなく低下する美白化粧品を選ぶことができます。

選び方のポイントは「使用原料」です。

さらに先ほどもお伝えをしたように、併用している化粧品の原料にも目を配る必要があります。いくら肌荒れをしない化粧品を正しい方法で選んでも、併用している化粧水や乳液などの原料が不十分であれば片手落ちになります。

美白化粧品のキレイがめざせる成分とは?

美白化粧品と肌荒れの関係まとめ

美白化粧品と肌荒れの関係まとめ

MISATO
MISATO

肌荒れをしない美白化粧品について、肌荒れをする原因と正しい選び方をお伝えしてきました。

ここまでをまとめておきます。

美白化粧品で肌荒れをする原因と選び方まとめ
  • 添加物が原因となる可能性が考えられるため、使用されている原料が
    「無添加」であることを確かめる。
  • 化学合成原料が原因となることが考えられるため、厚生労働省認可の
    化学合成原料であることを確かめる。
  • 併用している化粧品が原因となることが考えられるため、美白化粧品以外に使っている化粧品の原料についてもチェックをする。

できることであれば「オールインワンタイプの美白化粧品」を使うことがおすすめです。

私はビハキュアがオールインワンタイプの美白化粧品で、ほかの化粧品を使わずに済むのでまさに最適な選び方ができる商品かなと思います。

ぜひお伝えしてきた「美白化粧品で肌荒れをする原因と正しい選び方」を参考にされて、本当の意味でキレイな肌を保って行きましょう♪

私が肌荒れ対策に使っているのがこちら♪

ビハキュアの口コミ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました