ビハキュア|美白化粧品で逆効果になる3つの原因と対策

美白化粧品で逆効果になる3つの原因と対策 ビハキュアの基礎知識

美白化粧品を使っているのにキレイにならない‥なんて逆効果になることがありますよね。

MISATO
MISATO

私もいまではビハキュアを使って逆効果になることはなくなりましたが、それまでは美白化粧品なのに何で効果を感じず”逆効果”になってしまうの?という経験をしてきました。

そんな経験からここでお伝えするのは‥

  • 美白化粧品で逆効果になってしまう原因。
  • 美白化粧品で逆効果にならない対策。

美白化粧品で逆効果になってしまう方の悩み解決へ向けて、このような項目について実際の経験から3つの原因と対策について詳しくお伝えしていこうと思います。

美白化粧品で逆効果になる原因と対策①添加物

美白化粧品で逆効果になる原因と対策①添加物

美しくなるための美白化粧品なのに、美しくなるどころか「逆効果」となってしまうケースも見られます。

MISATO
MISATO

そんな美白化粧品が逆効果になってしまう

原因の1つが「添加物」です。

添加物によるトラブルの対策として、

美白化粧品を使用する前にかならず「成分」を確認しましょう。

化粧品には主成分の他に、様々な添加物が使用されています。

化粧ノリのよさ、保存性、防腐作用、香りづけなどさまざまな目的でいろいろな添加物が使用されますが、体質によっては添加物が原因で”肌トラブル”を引き起こしてしまう可能性があります。

化粧品に使用される添加物は法律で厳格に規定されています。

美白化粧品 逆効果

安全性に関しては厳しい検査を重ねてチェックが行われているので基本的に心配する必要はありませんが、肌に直接使用するものなので「体質」により美白どころか逆効果になってしまう可能性はゼロではありません。

過去に「何らかのトラブルが発生した添加物」が使用されている

美白化粧品は避けてください。

被害経験はなくても、健康被害が報告されている添加物が使用されている場合は注意が必要です。

万一体質に合わなかったときの対策として、自主的に”パッチテスト”を行うのも有効な方法です。皮膚の薄い二の腕に美白化粧品を少量塗り24時間後に状態を確認しましょう。

パッチテストは、アレルゲンを患者さんの健常な皮膚(背部もしくは上腕外側)に48時間貼布し、得られた反応を一定の基準のもとに判定します。小児から高齢の方まで、皮膚に接触する製品や成分、つまり、金属、外用薬、日用品(シャンプーやヘアカラー剤、香料など)、化粧品、職業性に触れる樹脂やゴム手袋など多岐にわたる物質を検査することができます。

出典:一般社団法人日本アレルギー学会「アレルギー検査方法の実際」

パッチテストで赤みや腫れなどの異常が見られたら使用しないでください。

異常が見られなかったら使っても安全ですが、念を入れるなら行きなりたっぷり使わずに少量の使用から試しましょう。また自分で判断できないときは、病院を受診し医者の判断を仰ぐのも有効な方法です。

さらに美しくなれる美白化粧品の選び方

美白化粧品で逆効果になる原因と対策②生活習慣

美白化粧品で逆効果になる原因と対策②生活習慣

MISATO
MISATO

「生活習慣」が原因でキレイになるはずの美白化粧品が

逆効果になることもあります。

毎日きちんと睡眠を取りバランスのとれた食事を心がければ、

生活習慣が原因の化粧品トラブルは激減します。

化粧品は安全と健康に十分配慮して製造されていますが、長時間皮膚に触れ続けることから使用する人の体調が崩れているとトラブルが発生する可能性があります。

美白化粧品の中でも比較的刺激が強い製品などは、コンディションが万全なときに使用しないと皮膚が刺激に耐えられず肌の状態を悪化させてしまうことがあります。

美白化粧品 逆効果

また生活習慣が乱れている方ほど、美白化粧品が逆効果になるリスクは高まります。

体調を整えるには、休息や食事などの生活習慣の改善が必須です。

深夜まで起きていて睡眠不足状態だったり偏った食生活で栄養不良状態だったりすると、肌の健康は損なわれ本来持っているはずの抵抗力が十分に発揮されません。

基準をクリアしている安全な美白化粧品を使っても、刺激に耐えられず美白どころか逆効果になってしまうので注意が必要です。

 

対策としては生活習慣の改善が一番効果的です。

美白化粧品 逆効果

生活習慣を見直すのが難しい場合は、多少美白効果が弱くても「低刺激の美白化粧品」を使用し手肌への負担を軽くしましょう。

メイクをしっかり落とすのも有効な対策です。健康な肌でも長時間のメイクは大きな負担ですので、帰宅をしたらメイク落としでしっかり対策をとれば多少の生活習慣による乱れを乗り越えて肌の健康を守ることが期待できます。

私はビハキュアを使用していますが、それまで起こっていたような逆効果はないのでおすすめです。

美白化粧品で逆効果になる原因と対策③併用する化粧品

美白化粧品で逆効果になる原因と対策③併用する化粧品

MISATO
MISATO

美白化粧品そのものには問題がなくても「併用する化粧品の成分」

原因で逆効果になる可能性も考えられます。

併用している化粧品の成分を確かめてみましょう。

化粧品には様々な成分が使用されています。

安全性については法律で厳しい基準が定められており、テストで基準をクリアしたものだけが流通しているので安心です。

しかし安全性の確認は製品単体でテストされるため、組み合わせによっては別の化粧品成分が影響して美白化粧品を使っても逆効果になってしまうことがあります。

美白化粧品 逆効果

併用する化粧品の成分が影響している場合、原因の特定は非常に困難です。

どの化粧品のどんな成分が影響しているのかを調べるには、本格的な調査が必要になるため個人での対策には限界があります。

逆効果になった時の組み合わせを裂けるのが基本的な対策ですが、

原因を絞り込むには「併用した化粧品と美白化粧品の組み合わせ」

ひとつひとつ確認するしかありません。

原因を特定するには手間と時間がかかってしまうので、安全のために疑わしい化粧品との組み合わせは避けておきましょう。

発信される注意情報をチェックするのも有効な対策です。

美白化粧品 逆効果

化粧品の併用で被害が多発している場合はメーカーから何らかの注意喚起がなされるので、安全のためにアナウンスに従って行動してください。より早く情報を知りたい場合は美白化粧品の口コミサイトに目を通しましょう。

美白化粧品を実際に使った人から”原因のはっきりしないトラブル”が複数報告されているときは、安全が確認されるまで使用を見合わせてください。

知っておきたい美白化粧品のキレイがめざせる成分とは?

美白化粧品で逆効果になる原因と対策まとめ

美白化粧品で逆効果になる原因と対策まとめ

美白化粧品で逆効果になる原因と対策についてお伝えしてきました。

ここまでをまとめておきます。

美白化粧品で逆効果になる原因と対策まとめ

  • 添加物(防腐剤など)が含まれる美白化粧品は逆効果になる可能性がある。
    ➝無添加の美白化粧品を探す。
  • 体調の乱れで逆効果になる可能性がある。
    ➝生活習慣を整える。
  • ほかの化粧品との併用で逆効果になる可能性がある。
    ➝ほかの化粧品に含まれる成分を調べる。

美白化粧品に問題がある場合だけではなく、生活習慣や併用する化粧品の成分など思わぬところで”逆効果”を招く可能性がありますのでぜひチェックなさってみてください。

他の化粧品との相性があまり良く分からなければ、併用している化粧水や乳液などの使用を一切やめてビハキュアが代表されるように「オールインワンタイプの美白化粧品」のみを使うという手段も逆効果対策には効果的な方法になります。

ぜひお伝えした3つのポイントをチェックして、美白化粧品の逆効果から抜け出しましょう♪

私が美白化粧品の逆効果から抜け出した方法♪

ビハキュアの口コミ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました